MacBookAirとWindows8

Screenshot at 2021-05-24 20-30-42.png実は以前からMacBookAirが欲しかった。20年以上Windows一筋の私が、である。理由はこれと言って無い。強いて挙げれば、ただMacを使ってみたかった事と、モバイルノートが欲しかった事くらいか。

そんなわけで、週末にMacBookAir(以下、Mac)とWindows8(以下、Win8)を購入し、インストール作業を行った。当然MacにもBootCampを使いWin8を入れてみた。

インストール手順はネットに転がってるので、ここでは所感を。

Win8は当初メインPCとMacにインストールしたが、結局メインPCはWin7に戻してしまった。
理由は3つ。

・Win8のスタート画面のタイルやWindowsストアアプリのUIはスマホでは良いかも知れないが、パソコンでは表示が大きすぎると感じたこと。
・Win8は横スクロールを多用しているので、タッチパッドが小さいメインPCでは少し使い辛かった。
・落ち着いて作業するには、これまで(Windows7)のスタイルの方が使いやすいと感じたから。
 (これが一番大きな理由だが、慣れの問題かな?)

で、Macが使いたいが為に買ったMacBookAirだが、タッチパッドが比較的大きなMacでWin8を使うと横スクロールが楽に使えたことと、情報消費だけならWin8でも使えるかなと思い、最終的にWin8はMacで使うことにした。

でも、これってなんだか本末転倒のような気もするが(笑)

(追記)
OS X Mountain LionのBootCampはWindows8は対象外ですが、Windows7のドライバで取り敢えず動いてます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック