Linux Mint 20.1 をインストールしてみた

linux-mint.png
いや〜数年振りにLinuxにハマりました。しかも最近のLinuxは普通に使えて感動します。もうWindowsいらなくね、という感じです。

目次
  1. はじめに
  2. 今回の生贄君
  3. 必要なもの
    • Linux Mint 20.1
    • rufus
    • 32bit UEFI ブートローダ
  4. 作業内容
    1. LiveUSBの作成
    2. 32bit UEFI ブートローダの配置
    3. 生贄君をUSBブートに変更
    4. Linux Mint 20.1のインストール
    5. 再起動
  5. 結果
  6. おわりに

 I.はじめに

ある日、chromebookに興味を持ちまして。で、安いやつを買って使ってみたら普通に使えまして。こりゃいけるな、といろいろ調べてたら、なんとLinuxのように古いパソコンにChromeOSをインストールする記事を見つけまして。早速やってみようといろいろとダウンロードしたものの中に Linux Mint がありました。

初めはChromeOSをインストールするための踏み台くらいにしか思ってませんでしたが(酷すぎる・・・)、ChromeOSの方はGoogle Playストアは使えず音も鳴らずで、結局は目的を達成できず失敗。しかし踏み台だったはずのLinux MintをLiveUSBで起動して試用(そもそもインストール前にLinuxを試用できることに感動した)してみると、動作は軽いし、音は鳴るしで、むしろこっちでいんじゃね、という気分になりました。

そんな感じでLinux Mintのインストールに挑戦してみました。

 II.今回の生贄君

ドスパラが2016年2月に販売を開始した Diginnos Stick DG-STK2S です。

発売当時に流行っていた「CPUは64bitだがOSは32bit」という機種です(これも今回の件で初めて知りました)。このためUEFIが32bitなので当初はLiveUSBが起動せず苦労しましたが、なんとかクリアできました。

 III.必要なもの

先人達の成果物に感謝!

まずは今回の主役であるLinuxディストリビューション。 Ver.20から64bit版オンリーになったようです。
エディションはCinnamonでもXfceでも何でもよかったのですが、最初の出会いである ChromeOSインストール記事 でMATEを使ってたので、無垢な私は刷り込まれました。

LiveUSBを作成するためのツール。
こちらも ChromeOSインストール記事 で使用していたので、そのまま使用しました。

今回の影の主役。
これを見つけたことにより、32bit UEFIの生贄君がUSB起動できるようになりました。

 IV.作業内容

大したことはしてません。詳細は参考サイトをご参照に(単なる手抜き)。

1.LiveUSBの作成
Linux Mint の isoイメージを rufus でUSBメモリに書き込むだけです。

2.32bit UEFI ブートローダの配置
1で作成したUSBの \EFI\BOOT フォルダに、ダウンロードした32bit UEFI ブートローダ(bootia32.efi)をコピーするだけです。
※一番の難題がたったこれだけで解決するとは・・・。 先人に感謝。

3.生贄君をUSBブートに変更
生贄君のBIOSは「DELキー押しっぱで電源ON」で起動します。
BIOSで行った変更は以下の2点。
  • セキュアブートを「Disable」に変更
  • ブートデバイスをUSBに変更

4.Linux Mint 20.1のインストール
参考サイトのままに(超手抜き)。
それにしても以前はパーティションとかいろいろ手動で設定が必要だったのに、今はほんとに簡単になりました(どんだけ古い話だよ)。

5.再起動
インストールが完了すると再起動を促すメッセージが表示されます。

LiveUSBには32bit UEFIブートローダを手動で配置しましたが、インストール後のeMMCのブートセクタには適切な(32bitの?)UEFIブートローダが自動で配置されるようです。なのでインストールしたLinux Mintは64bit OSですが、再起動すると普通に起動します。

最初に参考にしたUbuntuの記事ではインストール後にgrubコマンドをゴリゴリ入力していたのでちょっとビビってましたが、Linux Mintではその作業は不要でした。ほんと素晴らしい!

 V.結果

はじめにも申しましたが、「もうWindowsいらなくね?」という感じです。あのもっさりだった生贄君がサクサクに蘇りました。第二の人生、スタートです。音も普通に出ます。

Google Chromeをインストールしてアカウント同期すると、ほんとにいつものWindowsと変わりません。
habulog.png

 VI.おわりに

参考サイト

おまけ
最近よく見る記事フォーマットに未対応なSeeSaaでそれっぽく作ってみました。なかなかいい感じ。あと、この記事はLinux Mintで書いてみました。日本語入力も何の問題もなし。ほんと素晴らしい。



この記事へのコメント